ぼくたち、好きで外で暮らしてるわけじゃないのに。。

カエデです お玉さよならレポート

ブログランキング参加しています

あなたのクリックが猫の保護活動の力になります!

クリックお願いします!↓

↓こちらのクリックも併せてお願いします!↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 障害猫へ
にほんブログ村

保護団体向けにペレットを寄贈してくださる方用のページを公開しました。

↓こちらの画像からご覧ください↓

カエデです

4/25に「お玉さんさよなら会」がありました。

当日のレポート🐱

まず去勢手術は日帰りでした。女の子の避妊手術は1泊と言われています。

俺は11時にママの車に乗って病院に向かいました。

ミルクを飲んでいた頃からお世話になっている先生のところなので、

緊張はありません。

体重測定のあと、預かりになって、

ママは生徒さんがピアノを習いに来るので帰りました。

手術の少し前に、術前検査と言って血液検査を済ませていて、

内臓に異常がないかなど調べて俺は何ともなかったです。

麻酔っていうのをしたみたいで、俺は何にも覚えていないんですけど、

終わったらママが迎えに来ていました

ママは子供の頃から猫と暮らしてきて、

男の子の「お玉さんさよなら会」に立ち会うのは3回目だそうです。

なので、俺にとっては一大事なんですけど、19時に病院に迎えにきてくれたママは、

俺が元気なことを確認すると、先生にお話を聞いたら、

さっさとお会計をして、俺を車に乗せ、

また19:30から🎹生徒さんが来るからと、風のようにそそくさと動いていました

帰ったら、一緒に暮らしている🐱穏歌(しずか)がギャン泣きしていたんですが、

俺を見ると、停止ボタンを押したかのように鳴き止みました。

ジューイさんからは、麻酔をした日なので、ごはんは少しづつ食べてと指示があり、

ママに「カエちゃんは今晩ケージよ」と言われて入ってたんですが、

ワイルドな俺は、特に吐き気とかないし、お腹が空いてたまらなかったんですよね

でも、ママは生徒さんを教えるので忙しく、やっとママが部屋に来てくれた時には、

もう我慢できなくて、ケージの天井を自分で押し上げて飛び出してたんです

テヘペロ😛

俺は過酷な乳飲み子時代を生き抜いてきたので、

「お玉さんさよなら会」ぐらいは平気なんですよね

もちろん吐き気もなく、ごはんをパクパクたべて、🐱穏歌が寂しがっていたので、

ハグしたり一緒に毛づくろいのしあっこ、遊んだりとか、

普段と変わらず過ごしました

何があっても俺は俺流で生きていきます

お玉さんの周りは涼しいですね

まぁ札幌も日中は暖かいので、なんともないですよ🐱

食べ物もなく、ママ猫とも離され路頭に迷ってた日のことを思えば、

保護猫の強さで生きていけるんです。

Thank you!
カエデ

次回もお楽しみに。

↓全国でここしか取れない、ヒバペレットの生産業者↓

 

あなたの愛猫をブログに出演させてみませんか?
(位置情報などのExifは消去します)

こちらからお問い合わせいただくか、

ブログにコメントください!

 

↓クラウドファンディング協賛いただいたさいかい産業さんです↓

さいかい産業

ライン@登録お願いします

友だち追加

☆保護活動のブログ順位を確認←

☆ペット用品のブログ順位を確認←

☆障害猫のブログ順位を確認←

LINEで送る

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。